悪の法則を見た

今日は、「悪の法則」というブラピとペネロペ、キャメロン・ディアスが出演しているDVDを見ていたんですが.. これって胸糞悪いDVDですねえ(って失礼!?)。悪いことをすると、最後には悪いことしか起こらない、といった感じかなあ。悪いことをする時は仲間も信用でいない、という感じかもしれませんね。見ていない方は、ネタバレしちゃうので気を付けてください。まず、キャメロン・ディアスのレオパードのようなメイクに目が釘付けに… 魅かれるというよりは、ちょっとミュージカルのCATSを思わせるメイクだな~って思いながら見ていました。ペネロペの可愛さは微妙に発揮されておらず、年を取ったなといったところが見受けられましたが、たぶん首を切断されてスナッフフィルムにされてしまっているというストーリーだと思うので、あの天下のペネロペを!?とびっくり。ブラピも首ちょんぱでびっくりな内容でした… あー、メキシコは一生行きたくない。