青信号でも気を付けて渡る!

毎月のように起こる交通事故。子供に何の過失もないのに、命が奪われている事故も多く、同じ母親としては胸が痛く、交通事故の恐怖を感じます。

数年前に息子の通う小学校では、坂道をブレーキかけずに自転車で降りてきた小学生が、車に衝突してなくなる事故があり、これは子供のほうが悪い、車の運転手は運が悪くて可哀想だなあと思っていましたが、今朝のニュースで知った事故のニュースでは、昨日の夕方、大阪の国道の交差点で大型トラックが横転し、横断歩道を渡っていた小学3年生の8歳の男の子が下敷きになり亡くなられた、というニュースをしりました。

近くにいた方が、フォークリフトでトラックを持ち上げて救助し、男の子は病院に運ばれたそうですが、死亡が確認されたとのこと。

ああまたどうして、なんでこんなことが、と思いましたが、運転手によれば子供が急に飛び出してブレーキをかけたとのこと。いや、横断歩道を渡っているのが見えなかったんじゃないの、と頭にきてしまいました。横断歩道は青でも油断するな、と子供たちに言い聞かせないとね!